Livos自然健康塗料とは

Livos自然健康塗料
ドイツLIVOS健康塗料をお使い頂く理由

自然と調和し、人の育みと健康を考えた塗料

ドイツにあるリボス社は、40年以上続く人の健康と安全性、環境への配慮を追求した自然塗料のパイオニアです。
リボス自然健康塗料は、世界で初めて人の健康と安全を考えた自然素材を基にした塗料メーカーとして1972年に生まれ、その取り組みは世界で高く評価され、認知されている塗料です。 そのリボスのこだわりは奥深く、自然素材であっても人体に有害なものは決して使用しないという強い理念のもと、誰もが安心して使える自然塗料を開発し続けています。ここでは、そんなリボス自然健康塗料のこだわりをご紹介していきます。

リボス自然健康塗料のこだわり

01.世界で初めて作られた自然塗料

リボス自然健康塗料誕生のきっかけは、子供が学校にいると気分が悪くなり、家に帰るとそれが治る症状が起きたことに始まります。誰もが知る「シックハウス」の症状です。当時は原因不明とされた時代で、その学校から相談を受けたのがリボス社のオーナーとなるボーテ氏でした。そして、その症状から学校環境に何か原因があるのではないかと考え、原因究明に務めたのです。また、問題はその学校にとどまらず、調べていくと建材などから有毒な物質(ホルムアルデヒド等のVOC:揮発性有機化合物)が揮発していることが原因だと突き止めたのです。同時に、それら有毒な物質により多くの人々がアレルギー症状に苦しんでいることにも気づいたボーテ氏は、この状況を変えたいとの願いから、高濃度の有機溶剤を含みホルムアルデヒド等を大量に揮発する化学塗料に替わる、人や環境に安心安全な自然塗料の開発・提供を決意し、今に至るのです。

ローズマリーボーテ氏

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
Facebook
Twitter
Instagram