■リボスTOP ■製品紹介 ■成分内容と役割 ■塗装用途 ■塗料仕様書


リボスロゴ リボス
ドイツ・リボス社の自然健康塗料
違い、がもたらしてくれるモノ それは「あなたと家族の健康」です



  カルデット 浸透性木材着色(270)
装飾的・透明な屋内塗装 屋外用としてUVカット効果あり
適用範囲 屋内・屋外のあらゆる木材着色に使用できる。OSBやHDFにも適す。
屋内用:全色共、水をはじき、装飾性も高い。
屋外用:UV遮断機能を有する色彩。ビーチ/チーク/ブラジル/ウォルナット/オーク/ローズウッド/黒檀/ウルトラマリンブルー/ライトグレー
会談およびバルコニー、床など歩行領域には、アルドボス(266)・クノス(244)・クリアを上塗りするとよい。
技術的特性 水をはじき、対候性があり、深く浸透し、酸素透過性を有する。天然の木目を引き立てる。汗・唾液に対する堅牢性についてのドイツ工業規格(DIN 53 160)に適合。幼児用木材玩具としての安全性についても規格(DIN EN 71 Part3)に合格している。
成分 アマニオイル・アマニスタンドオイル天然樹脂、アマニウッドスタンドオイル、オレンジピールオイル、イソファリアーテ、土壌、マイクロワックス、鉱物系顔料(無毒)、アルミナ、無鉛乾燥剤。
カラー
屋外および屋内用 屋内のみ用
022 ビーチ 062 ウォルナット 113 グリーン 002 クリア
032 パイン 076 オーク 114 ミントグリーン 202 白
042 チーク 082 ローズウッド 122 ウルトラマリンブルー  
052 ブラジル 102 黒檀 212 ライトグレー  
全色ミックス可能。
塗布方法 気温12℃の乾燥した気候において、刷毛塗り(無希釈)、スプレー(希釈5〜10%)、浸漬(希釈20%迄)
希釈 スバロス(222)
塗布面積 1回の塗装につき、無希釈 1リットルで10〜16u。表面の状況および吸い込みの程度によりかなり減少することがある。必ず試し塗りをする。
道具洗浄 使用後すぐにスバロス(222)で用具を洗浄する。
乾燥時間 約24時間後に2回目の塗布可能。換気と照明に気をつけて、乾燥時間が長引かないように留意する。
比重 0.90g/ml(色により異なる)
重要事項 カルデット(270)は青斑点を防ぐ成分を含んでいない。警告!!カルデット(270)を浸したウエスやスポンジは、製品中に含まれるアマニ油のために自然発火する危険があるので、金属製の密閉容器に入れるか、水に浸した状態で保管する。アマニ油含んだウエスが光や酸素を急激に吸収して酸化作用が促進され、発火危険があるからです。製品自体が自然発火することはない。子供の手の届かない場所に保管すること。飲み込んだ場合、無理に吐かせないようにする。すぐに医師の診察を受けること。その際、容器またはこのシートを持参する。スイスでは、カルデットは無毒性証明(BAG T No.71667)を取得済み。
容器サイズ 1リットル、2.5リットル、4リットル、10リットル
貯蔵 乾燥した冷暗所に保管する。未開缶の状態で2年間まで保存可能。使用しないときは蓋をきっちりと閉めておく。
A 未処理木材
  素地調整
未処理木材は乾燥させ(含水率20%以下)、表面を滑らかで堅く、清潔で、ヤニや埃のない状態にする。特に、窓枠用材等では、針葉樹や熱帯林では、含水率15%以下、広葉樹の堅材では、12%以下とする。ヤニ・樹脂等は、スバロス(222)でこすり取っておく。
B 内装木材の塗装 塗布領域および保護の必要性に応じて、1〜3回塗り。5〜15分後、刷毛で表面を均一にならす。
C 屋外の塗装 4週間以内に3回、カルデット(270)を薄く塗布する。各回の塗布の都度、20分乾燥させた後にもう一度刷毛をかけて表面を均一にならすと、美しい仕上がりになる。
D 吸収孔が開いている旧い塗装面の再生 旧い塗装を除去し、研磨する。「A」の素地調整手順と同一の処理を実施する。適切な時期に塗り替えると、第1回塗りは省略できるが、時期を過ぎて塗り替えると、全塗装手順を完全に実施する必要がある。耐候性の必要度、木の種類、塗る色により、塗り替え時期は異なる。水気の多いところでは、定期的に実施する。
E 吸収孔が塞がれている旧い塗装面の塗り替え 旧いペンキ類・ワックス類は、研磨、剥離により完全に取り去り、表面は乾燥して、堅く、吸い込みがよく、中性で、清潔であり、埃がない状態にしておく。「A」同様、1〜2回塗り。吸い込みムラの問題が生じないように、塗装中は細心の注意を払う。
F OSB 屋外の塗装―デュブノ(261)をプライマーとして使い、カルデット(270)を3回塗りする。
屋内の塗装―カルデット(270)を1回塗りし、次いでアルドボス(266)またはクノス(244)を3回塗りする。
G 合板 乾燥させ、表面を滑らかで堅く、ヤニや埃のない状態にする。
粒度180のサンドペーパーで研磨する。
うすく3回塗りする。
重要事項
よくかき混ぜてから使用する。
必ず試し塗りをする。
塗装中・乾燥中は換気を充分行う。
オークやタンニン酸を含んだ木材、また研磨・剥離・前処理・着色等を施した木材は、1週間以内に変色する可能性がある。
新しい木製窓枠の突合せ部分には、デュブノ(261)の塗布後、カルデット(270)をごく薄く塗布する。塗料が完全に乾燥した後でないと、シリコンシーラントを使用してはならない。また、シリコンシーラントの上にはカルデットを塗布しない。塗布後1日経過すると、アマニオイルパテを塗り重ねることができる。
屋内では、カルデットの上にワックスを使用すると、色が少し薄くなる。
「カルデット白」の上に、「カルデットクリア」またはメルドス(264)やその他のリボス製品を塗り重ねない。表面が黄色く変色する可能性がある。

リボス製品は、原材料選択・製造・製品による塗装・使用後の廃棄面全てにおいてエコロジーです。
例:主原料(植物)自家栽培・食品基準・ビタミン酵素を壊さない常温製造法採用・生ごみ処分できる残存物・アレルギー配慮製品はリボスだけのものです。


戻る           ホームへ